レポート

[2018.7.14]真夏のレースに一目惚れ。サマーナイトフェスティバルG2

投稿日:

第14回サマーナイトフェスティバルG2
ガールズケイリンフェスティバル2018in松戸

夏本番!
いよいよ本日から開幕。

猛暑日、熱帯夜が続く日本列島。
今日からはもっと熱い三日間の夜になる。

サマーナイトフェスティバルと云えば
『二日間開催』短期決戦のイメージが強いベテランファンも多く居ると思うが、2015年から三日間開催となり、今年で4回目。
一日でも長くナイタービッグレースが観れるのならそれに越した事はない。有難い限りだ。
出場選手選考基準の特徴では、グレードレース優勝者、F1優勝回数上位者からの選抜されるのがサマーナイト特有となっている。

今年の番組も、前半3個レースはガールズケイリンフェスティバルL級戦で、残りの9個レースがS級戦と見応えある番組で構成されている。

サマーナイトフェスティバル
2015年 近藤龍徳
2016年 浅井康太
2017年 新田祐大

特に印象に残っているのは
夜王こと近藤龍ではなかろうか。
浅井の番手から、浅井が捲り切れないと見るや否やコースを見付け、内を突き、直線の鋭い伸びで、三連単30万大穴車券の立役者となった。
神懸かったレース運びに脱帽した。
レース後の払戻には、チラホラと数名の勝者が満面の笑みで払戻をしていく中
その横を「あの車券よく獲れましたね。」と、敗者の弁を呟き、肩を落としながら、後ろ髪引かれる思いで函館競輪場を後にしたのを鮮明に覚えている。

今年の夜王は誰の手に。

前年覇者新田が自転車競技にて不在なのは残念だが、SS八名と錚々たるメンバーが集結した。
中でも最終12レースの特別選抜予選は見応えがありそうだ。
深谷-浅井
関東は分かれての戦いで
鈴木竜-武田、平原-木暮、
単騎に浅井、三谷竜、山田英
初日から楽しみなマッチメイクとなった。

松戸33バンク短走路の戦いだけに、これから競輪界を背負って立つ活きの良い若手に期待したい。

4R 太田竜馬。地元記念では決勝入りを果たしたが、決勝では八番手に置かれて仕掛けられず。サマーナイトでの雪辱なるか。

7R 小川真太郎。前節の久留米記念では本来の動きは見られなかったが、レースの巧さと仕掛けのタイミングは若手随一。初タイトルなるか。

9R 竹内雄作。若手と呼んでいいのか。中堅の域にも入った先行職人が調子を戻し上げてのサマーナイト。前節の宇都宮記念では逃げて、逃げての決勝進出。決勝でも単騎で主導権。松戸33バンクの相性抜群。

そして
11R 南潤。S級の壁物ともせず。抜群の安定感。近況1着12回、2着4回、3着5回、着外1回と車券貢献度ナンバーワンの二十歳。函館記念を制覇してタイトル目前。初タイトルはサマーナイトか!?

そしてそして
ガールズケイリンフェスティバル
2014.2015.2017年と三度ガールズケイリンフェスティバルを制覇している小林優香登場。
無冠の女王、児玉碧衣が初タイトルへ。
ハンセン、グロを破った三場所連続優勝中の山原さくら。
GGP覇者の石井寛子に、新興勢力、鈴木美教に太田りゆ、大久保花梨が迎え討つ。

楽しみが尽きない。

夜王は誰の手に!?

眠れない夜になりそうだ。

(記 京凛敬三)

おすすめ記事

1

競輪AI予想エンジン搭載ロボットSota 全国の競輪場イベントやテレビでおなじみの競輪AI予想を搭載したロボットSotaの紹介動画です。

2

AIcast公式アプリを公開いたしました。 iPhone iOSとandoridのどちらにも対応しております。      動作環境:iOS8以上、android OS4.1以降 ※通信状況、OSのバー ...

3

BS放送やCS放送のメディアに出演し、KEIRIN AI予想対決でもお馴染みの競輪予想AI搭載ロボットSotaがAIcastを紹介します。

-レポート

Copyright© AIcast analysis(アイキャスト) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.